twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5arrow-right2

Twitterで足跡? 閲覧数が分かるツイートアクティビティの見方

    
Twitterで足跡? 閲覧数が分かるツイートアクティビティの見方

Twitterに足跡機能があるのか?色々検索している人も多いのではないでしょうか?結論から言うと、Twitterに足跡機能はありませんただし、自分のツイートが、どのくらいの人に見られていて、みんなの反応がどうだったのか、といったことは知ることができるんです。今回は、その方法をご紹介いたします。

ツイートアクティビティ

実は、Twitter公式のツールTwitterアナリティクスにログインし、ツイートアクティビティにアクセスすれば、自分のツイートの閲覧数や、みんなの反応を知ることができます。

twitter-analytics01

このツールは、元々Twitterの広告主向けのツールでしたが、2014年8月より一般の人でも利用する事ができるようになりました。【2015年1月更新】これまでできなかったアプリからの利用もできるようになりました。

利用を開始するために

Twitterアナリティクス(https://analytics.twitter.com/) にアクセスして、「Twitterアカウントでログイン」をタップし、いつも使っている「ユーザー名」と「パスワード」を入れてログインすれば、パソコンでも、アプリでも利用することができるようになります。※多くの人は問題ないかと思いますが、アカウントを14日以上保有しているユーザーのみ利用可能です。また、Twitterアナリティクスにログインした後に投稿されたツイートからデータを確認することができます。

ツイートアクティビティを見るには

自分のツイートの閲覧数や、みんなの反応を知ることができるツイートアクティビティを見るには、

  • アプリの場合、ツイート詳細画面を開き、「ツイートアクティビティを表示」ボタンをタップします。

ツイートアクティビティで出来る事は?【パソコンの場合】

ツイートアクティビティのダッシュボードでは、以下のことができます。

①各ツイート毎に、どのくらい見られたか(閲覧数)や、みんなの反応を知ることができます。
②過去の閲覧数や、リツイート数やお気に入り数などの”変化”を知ることができます。
③フォロワー数の推移や、傾向を知ることができます。

早速、1個づつみていきましょう。

①ツイート毎の閲覧数と、みんなの反応を知る

画面中段より下の、過去のツイート一覧から確認することができます。それぞれの数字の見方は、下記のようになります。

  • インプレッション:見られた回数(閲覧数)です。ユーザーのタイムラインや、検索結果でツイートが表示された回数になります。
  • エンゲージメント:そのツイートに”反応”した合計回数です。”反応”とは、そのツイートに対してリツイートや、返信、フォロー、あるいはユーザー名や、プロフィール画像、ツイートの詳細表示などをタップした数になります。
  • エンゲージメント率:エンゲージメント数を、インプレッション数で割った数値になります。

つまり、エンゲージメント率で、”反応の高さ”を把握することができるんですね。例えば、アプリ部の過去のツイートで見ると、

こちらは、1,904人見て、そのうち67.6%の1,287人が、何かしらのアクションを行ったという”反応が高い”ツイートになります。逆に、その下のツイートは、0.5%しかアクションをしてくれなかった”反応の悪い”ツイートということになります。

エンゲージメント(反応)の詳細な数を確認

先程のダッシュボードから過去ツイートをタップすると、エンゲージメント(反応)の詳細な数を確認することができます。

インプレッションのほか、リンクのクリック数、詳細のクリック数、フォローしたユーザーの数、リツイートの回数、ユーザープロフィールをタップした回数、その他リツイートへの返信数や、いいねされた数などを確認することができます。

②過去の、閲覧数や、反応の”変化”を知る

ダッシュボード上段の棒グラフや、右側の折れ線グラフで、過去の閲覧数や、エンゲージメント率などの各指標の数値の推移を把握することができます。【2015年1月更新】最近のアップデートによって、過去28日間や、7日間、1か月前など期日を設定して見ることができるようになりました。最長2013年10月までさかのぼり、最大3,200件のツイートを見ることができます。

ダッシュボード上段にあるのが、インプレッションの推移、右側にあるのは、①で出てきたエンゲージメント(反応)を構成する各指標の推移になります。上図では、青線のエンゲージメント率がギザギザになっていて、直近では平均ラインを上回っていますので、”反応が高くなっている?”といった事を把握することができます。

③フォロワー数の推移や、傾向を知る

ダッシュボード最上部にあるナビゲーションメニューから「オーディエンス」をクリックすると、フォロワーの推移や、フォロワーの傾向を見ることができます。

上段の棒グラフが「フォロワー数の推移」、その他に、フォロワーの興味がある分野だったり、国や地域などの「傾向」を確認することができます。※当然1人1人の個別の情報を見ることができる訳ではありません。あくまで全体の傾向が分かる程度ですね。

ツイートアクティビティで出来る事は?【アプリの場合】

アプリでは、上に記載したパソコンでできる事の”①ツイート毎の閲覧数と、みんなの反応を知る”を、簡単に確認する事ができます。

1.ツイート詳細画面を開き「ツイートアクティビティを表示」ボタンをタップ

2.ツイートアクティビティ画面が開きます。

先ほど”パソコンの場合”でご紹介した「インプレッション」(見られた回数)や、「エンゲージメント総数」(反応があった数)を確認することができます。

3.「すべてのエンゲージメントを表示」ボタンをタップすれば、エンゲージメントの詳細な数を確認することができます。

パソコンと同じく、リンクのクリック数、詳細のクリック数、フォローしたユーザーの数、リツイートの回数、ユーザープロフィールをタップした回数、その他リツイートへの返信数や、いいねされた数などを確認することができますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?Twitterには足跡機能はありませんが、このようにツイートアクティビティを使えば、閲覧数や、みんなの反応を知ることができるんです。是非、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか? ※意外と知らない機能なので、是非友達にも教えてあげていただければ。

【その他の Twitterの「知って得する」情報】