twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5 arrow-right2schedulerestore

Twitterで投票(アンケート)機能のやり方 まとめ

 
Twitterで投票(アンケート)機能のやり方 まとめ

Twitterで、”どれが好き?”、”どっちだと思う?”、といったような簡単なアンケートをとることができる投票(アンケート)機能の使い方と、知っておきたい、いくつかのポイントをご紹介いたします。

投票を作成する方法

1. いつものようにツイート作成画面を表示します。

2. 下部にあるアイコンの中から、棒グラフような形のアイコンをタップします。※これが投票機能のアイコンです。※以下は、iPhoneアプリのキャプチャですが、Androidもウェブも基本操作は同じです。また、一部旧バージョンの画面ですが、内容は同じになります。

3. 下の画面にあるように、「質問の内容」と「回答 1」「回答 2」の3箇所を入力します。

「質問」の最大文字数は140文字、「回答」は25文字となっています。選択肢は4つまで増やすことができます。

4. 全ての項目を埋めると「ツイート」ボタンが押せるようになりますので、「ツイート」ボタンをタップすれば投票の投稿が完了です。簡単ですね♪

「回答」の下にある「1日」をタップして、投票期間を変更するこもできます。最小は5分、最大で7日まで設定することができます

投票の表示

それでは、投稿された投票ツイートを確認してみましょう。このように自分はリアルタイムで結果を見ることができます。投稿した直後なので、まだ0票ですね。

how-to-use-twitter-polls04

一方、フォロワーはこのような画面がタイムラインに流れてきますどちらかの回答をタップすると、、、

結果を見ることができます

投票結果はリアルタイムに更新されますので、自分のアカウント画面などから、随時結果を確認することができます。※右手持ちが68%に増えていますね。

how-to-use-twitter-polls10

その他知っておきたい4つのこと

投票機能について、その他知っておきたい4つのことをご紹介いたします。

  1. 1つの質問にユーザーが投票できるのは1回だけ
  2. 投票内容を途中で編集することはできません
  3. 投票に参加すると、最終結果がプッシュ通知で送られてきます
  4. 誰が投票したかは、投票を作成した人も、投票に参加した他の人にも分かりません

匿名性が担保されているので、気兼ねなく投票に参加することができますね。

投票期間を過ぎると投票が締め切られ、最終結果が(通知をオンにしていれば)プッシュ通知で送られてきます

投票を作成した人には、

how-to-use-twitter-polls14

投票に参加した人には、

how-to-use-twitter-polls13

プッシュ通知をタップすると、

最終結果を確認することができます。

ちなみに、ウェブ(パソコン)からも”とても簡単に”投票を作成することができますので、ご紹介いたします。

1. いつものようにツイート作成画面を表示して、棒グラフような形のアイコンをクリック

2. 3箇所を入力して、ツイートするだけです。とても簡単ですね♪

まとめ

いかがだったでしょうか?Twitterで投票(アンケート)機能を利用する方法と4つのポイントをご紹介いたしました。

ちなみに、「スマホを持つ手は右手?左手?」という質問の結果は、右手が65%、左手が35%になりました。右手の方が多いようですね♪

また、「Twitterで足跡? 閲覧数が分かるツイートアクティビティの見方」でご紹介しました「ツイートアクティビティ」を使って、投票終了後のインプレッション(ユーザーがTwitterでこのツイートを見た回数)を確認したところ、約350インプレッションでした。投票総数が34票でしたので、約10人に1人がツイートを見て投票してくれた、という事になります。

まだまだフォロワー数が少ないアプリ部ですが、是非、みなさんも”どれが好き?”、”どっちだと思う?”といった時に、Twitterの投票機能を試してみてはいかがでしょうか。