twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5 arrow-right2schedulerestore

【誰でもできる】LINEアカウントを2つ以上(複数)作成する方法

 
【誰でもできる】LINEアカウントを2つ以上(複数)作成する方法

LINEアカウントを2つ作成して、使い分けたいと思った事はないでしょうか?これまで、LINEでは1台のスマホで1つのアカウントしか作成することができませんでした。しかし、2015年2月に開始された「LINE@」を使うことで、誰でもLINEアカウントを2つ以上(複数)作成することができます。※ただし機能が大きく異なりますので、そのポイントもご紹介いたします。

LINE@とは

「LINE@」は、これまで、LINEアカウントは別に、法人向けに広告宣伝用のアカウントが持てるサービスでしたが、2015年2月から個人でも利用できるようになりました。下の公式プレスリリースにある通り、シーンによって使い分けることができるアカウントです。

LINEat02

引用元:【LINE】公開型アカウント「LINE@」をグローバルでオープン化 法人・個人問わず、月額無料でLINEを対外的なコミュニケーションやビジネスに利用可能

LINE@でアカウントを作成する方法

それでは早速LINE@アプリを使って、アカウントを作ってみましょう。

1.LINE@アプリをインストールします。

iOS LINE@

LINE Corporation
無料

Android LINE@

LINE Corporation
無料

2.起動します。※以下は、iPhoneアプリの画面ですが、Androidも基本操作は同じです。

LINEat05

既にLINEをインストールしていて、メールアドレスを登録している方は、「LINE始める」ボタンをタップします。利用規約に同意、LINEアプリに移動して「同意する」ボタンをタップします。※事前にLINEでメールアドレスを登録している必要があります。「その他」>「設計」>「アカウント」>「メールアドレス変更」から設定することができます。

3.アカウントリストページが表示されます。「+」をタップしてアカウントを作りましょう。

LINEat06

4.はじめての場合、キャリアの年齢確認ページで、年齢確認を行う必要があります。(下画面はSoftBankの場合)もしパスワードを忘れてしまった場合は、パスワードを忘れた方をタップして、再発行しましょう。ログインして「同意する」ボタンをタップすればOKです。※18歳未満のユーザーは、残念ながら、LINE@のアカウント作成は行うことができません。

LINEat07

5.最後にプロフィールページで、写真・名前・主業種・副業種 全て入力して、「アカウントの作成」ボタンをタップすれば、アカウント作成完了です。※法人向けの広告宣伝アカウントとしても利用できるため、個人利用の場合あまり重要ではありませんが、主業種や、副業種の選択が必要になります。写真も、身分証明書のような写真は必要ありません。

LINEat08

6.アカウントが作成できました。

LINEat09

普段使っているLINEとは異なる画面なので、はじめは戸惑うかもしれません。

機能も大きく異なりますので、主要な機能について次からご紹介いたします。

LINE@のIDについて

LINEat10

1.管理画面の上部に、写真・名前とともに「@********」という文字列があるかと思います。これがLINE@のIDになります。自分で指定することはできません。※法人向けにも利用できるアカウントのため、年間費用を払うと、自分で指定したIDにすることもできます。

2.その横にある「未承認」とは、LINEの認証済みアカウントではないという意味で、個人で利用する場合には、未承認で問題ありません。※こちらも、法人であれば、申請して認証済みアカウントを取得することができます。

LINE@アカウントでトークする方法

LINEアカウントを2つ作成できたので、通常のLINEと同じように友だち追加してトークしたいところですが、ここが大きく異なる点で、LINE@は法人向けの広告宣伝用のアカウントになっているので、次のようなポイントがあります。

  • 通常LINEアカウントの友だちとのトークは、友だちから話しかけられないと開始することができません。※これは、法人向けにも利用できるアカウントのため、スパム的に個別のユーザーにトーク送信することを防ぐためのようです。
  • LINE@アカウント同志であれば、友だちを登録すれば、トークを開始することができます。
  • LINE@アカウントは、「友だちリスト」の中で「公式アカウント」という見え方になります。※後ほど詳しくご紹介いたします。

使うシーンによって様々ですが、通常LINEアカウントの友だちであれば、①友だちにIDやQRコードを伝え、②友だちからトークを開始してくれれば、この2つ目のアカウントで、通常のLINEのようにトークができます。また、友だちがLINE@アカウントを持っていれば、上の手順を踏まずとも、通常のLINEのようにトークができます。

次からトークするための簡単な準備と、方法をご紹介いたします。

簡単な準備をする

画面下部の「管理」をタップ>画面上部の写真をタップ>「プロフィール」に移動します。「友だち追加時あいさつ」は、友だちが自分のLINE@アカウントを追加した際に表示されるメッセージの編集メニューですが、デフォルトでは右のメッセージになっています。法人向けの汎用的なメッセージになっていますので、必要あれば修正しておきましょう。

LINEat11

そのほか「ひとこと」や、「ホーム設定」なども、必要あれば修正しておきましょう。

「管理」画面にある「メッセージ」や、「メンバー・アカウント管理」、「統計情報」、「利用状況」など見慣れないメニューの多くは、法人向けのメニューです。「メッセージ」は、ユーザーに対して一斉にメッセージを送信できる、メールマガジン的な機能ですので、個人で利用される方はご注意ください。

IDを伝える

同じくプロフィール画面にも、LINE@アカウントの@から始まるID「@********」が表示されていますので、そのIDを友だちに伝えましょう。通常LINEトークでIDを送信するのが簡単で良いかもしれません。「QRコード」でもOKです。

トークを開始

通常LINEアカウントの友だちとのトークの場合は、受け取った友だちに「友だち追加」「ID検索」>「友だちリストに追加」を行ってもらい、「トーク」を開始してもらいましょう。※下はAndroidの画面になります。

LINEat12

すると、自分のLINE@アカウントにもメッセージが送信されてきますので、この後は、通常のLINEのように1:1トークを行うことができるようになります。

LINEat13

LINE@アカウント同志であれば、友だちを登録すれば、通常のLINE同様、こちらからトークを開始することができます。また、LINE@では1:1トーク以外の、グループトークや、1:複数人トークは行うことができません。

友だちリスト内での見え方

通常LINEと大きく異なるもう1つの点は、友だちリスト内での見え方です。

  • LINE@アカウント内でも、通常LINEアカウントのユーザーは、友だちリストに友だちの名前が表示されますが、
  • (LINE@アカウントを追加した)友だちは、下の図のように見えます。

個人利用でも、法人向けの広告宣伝用のアカウントということで、「公式アカウント」というグルーピングの中に表示されます。そこが通常アカウントとの見え方の大きな違いになります。

まとめ

LINE@を利用して、LINEアカウントを2つ以上作る方法をご紹介いたしました。ちなみにLINE@アカウントは、基本4つまで作成することができます。(※法人向けの認証アカウントは100個まで)

通常のLINEと全く同じ機能を使うことはできず、

  • 通常LINEアカウントの友だちとのトークは、友だちから話しかけられないと開始することができない
  • ただし、LINE@アカウント同志であれば、友だちを登録すれば、トークを開始することができる
  • LINE@アカウントは、「友だちリスト」の中で「公式アカウント」という見え方になる

という、法人向けの広告宣伝用のアカウントの為に、個人利用では不都合な部分もありますが、通常LINEアカウントの友だちとのトークでも、LINE@アカウントを伝えて、友だちからトークを開始してくれれば、この2つ目のアカウントで、通常のLINEのようにトークができますので、是非興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。