twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5 arrow-right2schedulerestore

Twitterで「ブロック」する?されている?やり方・確認・解除の方法

 
Twitterで「ブロック」する?されている?やり方・確認・解除の方法

Twitterで「ブロック」したいと思った時、あるいはされている?と感じた時、そもそも、どんな状態になるのか?を知っておきたいと思ったことはないでしょうか。今回はTwitterでのブロックのやり方・確認・解除の方法をご紹介いたします。

そもそも「ブロック」とは?

相手にフォローされている場合、そのフォローを強制的に解除して、相手にフォローも、メッセージ送信もできないようにすることです。

Twitterには、下記のようなアクションがあります

相手を○○する状態
フォロー解除普通にフォローから外すだけです。
ミュートご自身のタイムラインで非表示になります。
ブロック強制的にフォローを解除して、相手にフォローをできないようにさせます。
報告スパムや、なりすましなど、違反報告をすることができます。

今回は、この「ブロック」について、やり方・確認・解除の方法をご紹介いたします。

ブロックのやり方

※以下は、iPhoneアプリの画面ですが、Androidも基本操作は同じです。

1.相手のプロフィールページに移動します。

2.iPhoneアプリ・パソコンは、プロフィール画像の下にある「歯車」アイコンを、Androidアプリは、右上のメニュー(●が縦に3つ)をタップします。

3.ダイアログメニューから「ブロック」をタップします。

4.確認ダイアログが表示されますので、ブロックをタップします。

5.「ブロック中」という表示になり、ブロックすることができました。

ブロックすると、どうなるのでしょうか?

まず、一番気になるところですが、Twitterから相手に通知が行くのでしょうか?

答えは、Noです。相手に通知が行くことはありません。

自身の状態相手の状態
フォローフォロー、フォロワーが強制解除されます。フォロー、フォロワーが強制解除されます。再度フォローすることができなくなります。
ツイート相手のツイートを見ることはできます。見ることができなくなります。
リスト登録リスト登録できません。リスト登録できなくなります。
ダイレクトメッセージ送信できません。送信できなくなります。
タイムラインフォローが解除されるので、タイムラインに表示されません。フォローが解除されるので、タイムラインに表示されません。
通知 > @ツイート相手の返信ツイートや、@ツイートが過去のものも含めて表示されなくなります。

多くは、フォロワーをブロックしたいや、ダイレクトメッセージをブロックしたいなどの場合ですが、「ブロック」機能を使えば、相手は上の表のような状態となり、自身をフォローしたり、ダイレクトメッセージを送信したりといったことができなくなります。

以前は、相手は検索すれば自身のツイートを見ることができましたが、現在は、下のような画面になり、相手は自身のツイートも見ることができません。

では、ブロックされてしまったら、どうなるのでしょうか?

先ほどの表でいう「相手の状態」に自分がなることです。

ブロックされてしまうと、、、
フォローフォロー、フォロワーが強制解除されます。再度フォローすることができなくなります。
ツイート見ることができなくなります。
リスト登録リスト登録できなくなります。
ダイレクトメッセージ送信できなくなります。
タイムラインフォローが解除されるので、タイムラインに表示されません。

上記以外のほかにも、

  • 相手のツイートのリツイートや、お気に入り登録もすること
  • 画像で相手をタグ付けすること

もできなくなります。

ブロックされているか確認する方法とは?

以前は、ブロックされているかどうかは、一見しては分からなかったため、”非公開リストを作成して、相手をリストに登録してみる”といった、少し手間をかけた方法で確認するしかありませんでした。

ただ、何回かのアップデートで、ブロックされていたら、相手のプロフィールページにアクセスすれば、下のような画面になりますので、確認はとても簡単になりました。

以前は、ブロックされていても、ツイートは見ることができたため、”自分(相手)がブロックされている”ことには気づきにくい状況でしたが、現在は、明快に分かるようになっています。

一方で、”さり気なく(相手を傷つけずに)ブロックしておきたい”という方にとっては、以前のルールの方が良かったかもしれません。

最後に、ブロックを解除する方法

これは簡単です。

1.相手のプロフィールページに移動し、「ブロック中」ボタンをタップします。

誰をブロックしていたか忘れてしまった場合や、改めて確認したい場合は、「設定」メニューの「プライバシーとセキュリティ」から確認することができます。

2.ダイアログメニューが表示されるので、ブロックを解除を選択します。すると、「ブロック中」だったボタンが、「フォローする」に切り替わります。

ただし、ブロックによって強制的にフォロー/フォロワーが解除されたものが、元に戻るわけではありません。お互いフォローをしていない普通の人と同じ状態に戻るだけです。

まとめ

いかがだったでしょうか? Twitterでのブロックのやり方・確認・解除の方法をご紹介いたしました。Twitterの「ブロック」関連のルールは、これまでも度々変わってきましたが、現在は「ミュート」、「ブロック」、「報告」といった3つのメニューに分かれ、「ブロック」は、明確に”ブロックしている”、”されている”が分かるようになりました。

特定の人だけを「ブロック」するのではなく、本当にフォロワーの人だけにしかツイートは見られたくない!という人は、こちらのTwitterの鍵の付け方(非公開にする方法)まとめ記事も参考にしていただければと思います。