Google レンズの使い方 – 写真から文字を抽出できたり、建物名も分かる

 
Google レンズの使い方 – 写真から文字を抽出できたり、建物名も分かる

Google Lens(レンズ)は、カメラを犬や建物に向けるだけで、犬種や建物の情報を表示してくれたり、写真の中の文字を認識して抽出してくれたりといったように、自動的に被写体を認識して、詳細な情報を表示してくれる機能です。”カメラを向けるだけで” に対応している端末はまだ一部ですが、現時点でも、iPhone や Android の「Google フォト」アプリから、利用することができます。今回は、その使い方と、便利な機能についてご紹介いたします。

Google フォトでのGoogle レンズの使い方

はじめに、Google フォトアプリをまだインストールしていない方はインストールしましょう。

Google フォトとは、スマホのカメラで撮影した写真や動画などを、Google に保存して、整理、検索などができるサービスです。詳しくは、Googleフォトの使い方 – 3分で分かるはじめてガイド の記事をご覧ください。
Google フォト

iOS Google フォト

Google, Inc.

無料

Google フォト

android Google フォト

Google LLC

無料

2つの設定を確認する

現時点では、2つの設定が必要になります。そうでない場合は、Google フォトに、Google レンズの機能が表示されません。2つの設定とは、

  1. 最新バージョンにアップデートする
  2. 端末の設定から、言語を英語にする

になります。1については、App Store や、Google Play から、最新バージョンにアップデートしましょう。

2については、iPhone であれば、「設定」を開き、「一般」>「言語と地域」>「iPhone の使用言語」から「英語」を選択、Android であれば、端末メーカーによって異なりますが、同じように「設定」を開き、端末の言語を変更するメニューから、「英語」に変更します。※現時点では、端末の言語が英語でないと、Google レンズの機能が表示されません。

iPhoneの場合

2つの設定後、Google レンズのアイコンが表示されるまで多少時間がかかる場合があります。その場合は、しばらく待って、再度ご確認ください。

Google レンズの使い方

1. 2つの設定を確認したら、Google フォトを開き、写真を選択します。

2. 下図のように Google レンズのアイコンが表示されますので、タップします。(はじめて Google レンズを利用する場合は、説明の画面が表示されます。ボタンを押して進みましょう。)※以下は、iPhoneアプリの画面ですが、Androidも基本操作は同じです。

3. すると、被写体の解析が行われ、、、

4. 詳細な情報が表示されました。英語ですが、京都タワーと表示されています。スゴイですね♪

写真から文字を抽出

先程の京都タワーの例のように、観光地や、建物の情報を表示してくれる以外にも、いろいろなことができます。

  • 写真の中の文字を認識して、抽出することができます
  • 書籍や、CDなどの情報を表示することができます
  • 植物や、動物などの情報を表示することができます
  • 名刺から、連絡先に電話番号や住所を保存することができます
  • チラシや広告などに書かれている期日をカレンダーに追加することができます
  • 観光地や、建物などの情報を表示することができます

いくつか実際に試してみましょう。例えば、この書籍をスマホのカメラで撮影して、Google レンズを使ってみます。すると、、、

書籍は、コトラーのマーケティング4.0 (朝日新聞出版)

書籍の情報を表示してくれたり、

文字を抽出したりすることもできます。「Copy text」をタップしてテキストをコピーしたり、そのまま共有したりすることができます。

同じように、書類やチラシ、プリントなどを写真に撮って、文字だけを抽出することも簡単にできます。例えば、このサイトの紹介ページを紙に印刷したものをスマホのカメラで撮影して、Google レンズを使ってみます。すると、、、

文字だけが抽出できました。とても簡単で便利ですね♪

この例で使った写真データは、写真をアプリで簡単にスキャン!子供のお絵かきやプリントもデジタル化 の記事でご紹介したアプリを使ってスキャンしました。アプリ1つで、平面で四角いもの、紙に印刷されたものを、綺麗にデジタル化することができますので、興味がある方は試してみてください。

その他、下図のように、名刺の写真から、電話番号や住所を抽出し、簡単に連絡先に保存することもできます。

観光地から、植物、動物まで、いろいろな情報を表示することができますので、是非いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

その他 Google レンズでできること

冒頭でご紹介したように、Pixel2などの一部の端末では、”カメラを向けるだけで” Google レンズを利用することができます。また、今後 Androidの複数の端末でも、カメラを開けばすぐに利用することができるようになっていきます。どのような体験ができるのでしょうか? こちらの Googleのブログ記事 Google Lens: real-time answers to questions about the world around you に書かれてある内容を引用させていただき、簡単にご紹介いたします。

例えば、海外のレストランに行ってメニューを読んでも分からない時に、カメラを向けると、1つ1つの文字を認識して、どんな料理なのかイメージができる情報を表示することができます。

引用元 Google Lens: real-time answers to questions about the world around you

また、気になる洋服や家具があった時に、何ていう名前なのか分からなくても、カメラを向けるだけで、その商品の情報を表示したり、似た商品の情報を表示することができます。

引用元 Google Lens: real-time answers to questions about the world around you

さらに、カメラを動かして、カメラに映った観葉植物や、家具、書籍などの中で気になるものがあれば、その場ですぐに情報を表示することができるようになるということです。スゴイですね♪

まとめ

いかがだったでしょうか? 「Google フォト」アプリで、自動的に被写体を認識して、詳細な情報を表示してくれる機能 Google レンズを使う方法をご紹介いたしました。現時点では、端末の言語を英語に変更しないと、利用することはできませんが、いろいろな写真で試してみると面白いのではないでしょうか?

また、最後にご紹介したように、今後 Androidの複数の端末でも、カメラを開けばすぐに利用することができるようになっていきます。パソコンやスマホからキーワードを入力しなくても、”見たものを”の情報をすぐに得られることで便利になることも多いのではないでしょうか? そうでないものもあるかもしれませんが。今後が楽しみです♪

twitter line facebook google-plus hatena mail angle-up schedule restore logo-icon menu-bar