twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5 arrow-right2schedulerestore

2015年:乗り換え案内アプリ|人気3アプリを比較【iPhone編】

 
2015年:乗り換え案内アプリ|人気3アプリを比較【iPhone編】

電車で目的地までどうやって行けばいいの?一番早く着くルートは?そんな悩みを解決してくれるのが、もはやスマホの定番アイテム「乗り換え案内」アプリです。今回は、そんな「乗り換え案内」アプリの中で特に有名な3つのiPhoneアプリについて、画面を中心に比較をしてみました。選ぶ際の参考になればと思います。

はじめに

今回比較する3つのアプリは、「Yahoo!乗換案内(Yahoo!)」、「乗換NAVITIME(NAVITIME)」、「乗換案内(ジョルダン)」になります。どれも有名で人気ですよね。

Yahoo!乗換案内乗換NAVITIME乗換案内

これらのアプリが優れている点

  • 何といっても、探す時間の短縮移動時間の短縮 に尽きるでしょう。
  • その他、時刻表検索や、路線図検索、運行情報確認などの付加サービスがどのアプリにもあります。

各画面の比較

乗換案内アプリに 多くの人が求めているものは、”簡単に検索できて、検索結果が見やすい”、という点だろうと思います。今回はその観点で、検索入力画面、検索結果画面について比較をしてみました。

検索入力画面(ファースト画面) 

  • Yahoo!乗換案内

写真 H26-03-14 21 21 26

  • 乗換NAVITIME

写真 H26-03-14 21 25 39

  • 乗換案内

写真 H26-03-14 21 23 46

お気づきかもしれませんが、同じ業界のアプリは、競合をミートして開発している部分が大きいのでしょうか、3つとも非常に似たレイアウトになっています。ヘッダーと、フッターにそれぞれ、「トップ」「時刻表」「運行情報」「路線図」「パーソナライズ情報」「その他」といったアイコンが配置されています。

また見出しはすべて共通で「乗換案内」でした。

さらには、「Yahoo!乗換案内」と「乗換NAVITIME」はカラーリングが非常に似ています(笑)※どっちがミートしているのでしょうか?

唯一、3つ目の「乗換案内(ジョルダン)」ですが、キャプチャした端末がiPhone(320×480)で、縦のサイズが小さめの端末だったこともあり、肝心な「検索ボタン」が広告に隠れてスクロールをしないと押せない、、、という状態になってしまっていました。これだと少し使いづらいですね。

 検索結果画面

  • Yahoo!乗換案内

写真 H26-03-14 21 21 44

  • 乗換NAVITIME

写真 H26-03-14 21 26 05

  • 乗換案内

写真 H26-03-14 21 24 04

検索した後の検索結果画面は、3社若干レイアウトが異なります。

  • 「Yahoo!乗換案内」は、上部に「一本前」「一本後」というナビゲーションと、「早い」「楽」「安い」という目的別のタブがあり、その下に、「ルート結果」が表示されています。
  • 「乗換NAVITIME」は、上部にナビゲーションはなく、「ルート結果」がシンプルに太字で表示されています。
  • 「乗換案内」は、上部に「ルート」のタブがあり、1つ目の「ルートの詳細経路」が表示されています。

改めてこう書いてみると、乗換案内情報の階層構造としては、「ルート結果(21:22→21:40 乗換0回)」>「ルート詳細経路(東京→山手線→品川)」となっている事を改めて認識しました。

では、各社「ルート詳細経路」はどういう画面になっているのでしょうか?

ルート詳細経路画面

  • Yahoo!乗換案内

写真 H26-03-14 21 27 59

  • 乗換NAVITIME

写真 H26-03-14 21 26 22

  • 乗換案内

写真 H26-03-14 21 24 04

情報量は3社ともほぼ変わらないと思いますが、細かいデザインや、どの情報を強調しているか、という点が異なるようです。一番見やすいと思うものはどれでしょうか?

1本前、1本後検索

ガラケー時代のiモード公式サイトでは、この”1本前、1本後検索”が”有料”になっているサービスが数多くありました。※ただパソコンではそれが無料でしたが。ではアプリではどうなっているのでしょうか?

  • 「Yahoo!乗換案内」は、上部に大きく配置している通り、「ルート検索結果」の時点で、”無料”で、”1本前、1本後検索”ができます。
  • 「乗換NAVITIME」は、「ルート検索結果」の時点ではできず、「ルート詳細経路画面」に遷移した後に、”無料”で、できます。ただ、経路の詳細の下にあるため、少し押しづらい感がありました。
  • 「乗換案内」は、同じく経路の詳細の下にボタンがあるのですが、こちらは”有料”でした。「Plusチケット」というチケットを購入する必要があります。

まとめ

さて、有名乗り換え案内アプリ3つの画面について比較をしましたが、いかがだったでしょうか?

比較結果としては、

  • 機能や、情報には大きな差異はなさそう。
  • レイアウトがどれも似ている。
  • 細かいデザインや、どの情報を強調するかなど、微妙な差異はある。
  • 「乗換NAVITIME」と、「乗換案内」は、有料サービス(付加サービス)もある。また、(有料サービスに入ることで表示されなくなると思われるが)広告バナーが表示される。

という点があり、3つ目に記載した、”細かいデザインや、文字の大きさ、ボタンの大きさ”といった観点で、自分の好みのアプリを選択してみてはいかがでしょうか。

最後に、ここまで似ていると思わなかったのですが、「路線図」というアイコンを比較してみました。※左:Yahoo!乗換案内 右:乗換NAVITIME

w

似てますね(笑)

Yahoo!乗換案内

iOS Yahoo!乗換案内

Yahoo Japan Corp.

無料

Yahoo!乗換案内

android Yahoo!乗換案内

Yahoo Japan Corp.

無料


乗換NAVITIME

iOS 乗換NAVITIME

NAVITIME JAPAN CO.,LTD.

無料 ※アプリ内課金あり

乗換NAVITIME

android 乗換NAVITIME

NAVITIME JAPAN CO.,LTD.

無料 ※アプリ内課金あり


乗換案内

iOS 乗換案内

Jorudan Co.,Ltd.

無料 ※アプリ内課金あり

乗換案内

android 乗換案内

Jorudan Co.,Ltd.

無料 ※アプリ内課金あり