twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5 arrow-right2schedulerestore

【比較】ニュースアプリ5本を30日使って分かったおすすめの1本は?

 
【比較】ニュースアプリ5本を30日使って分かったおすすめの1本は?

最近テレビでもCMをよく見るニュース(キュレーション)アプリ。人気の5つのアプリ(グノシーAntennaスマートニュースLINEニュースYahoo!ニュース)を約1か月(30日)使ってみて、分かった事、その中のおすすめの1本を(記事の最後に)ご紹介いたします。

ニュースと言ってもそれぞれに内容が違う

5つのアプリを使ってまず分かったのは、一言にニュースアプリと言っても、”ニュース”の内容が、それぞれに違う事です。いわゆる新聞社やNHKなどのトップニュースを求めている人が、グノシーやAntennaをダウンロードしても、求めているニュースが出てこない!といった事になってしまうでしょう。各アプリの特徴と、どういうタイプの人におすすめかをまとめてみました。

newsapp05newsapp04
AntennaグノシースマートニュースLINEニュースYahoo!ニュース
280以上のメディアを配信するキュレーションマガジン3分で旬のニュースをまとめ読み圏外でも話題のニュースをサクサク読める3分で話題が分かる日本最大級のアクセス数を誇るYahoo!ニュースが読める
 トップニュース重視派:×トップニュース重視派:×トップニュース重視派:△ トップニュース重視派:○△  トップニュース重視派:○
ネタ収集派:○ネタ収集派:○ネタ収集派:○ネタ収集派:○ネタ収集派:△
じっくり深堀り派:○じっくり深堀り派:△じっくり深堀り派:△じっくり深堀り派:○△じっくり深堀り派:○

新聞社やNHKなどのトップニュースを求めている人は、圧倒的にYahoo!ニュースがおすすめです。逆に、トップニュース以外でも、興味関心がある情報は収集したい、といった人は、LINEニュース > スマートニュース > グノシーがおすすめです。Antennaは、ニュースというより、おしゃれな情報誌といったところでしょうか。

キュレーションアプリとYahoo!ニュースの違い

キュレーションアプリは、そのアプリを作っている人が、せっせと記事を書いている訳ではありません。基本、ネット上にある「元記事」を「収集」して「整形して表示」しています。※各社、その見せ方とか、使い方とか、周りの部分を工夫してサービスをしています。つまり、どのアプリにも「記事を整形して表示する画面」と「元記事を表示する画面」があります。ただし、Yahoo!ニュースの場合は、(昔から)一定の基準を満たした新聞社やメディアから提供を受けた記事を、編成して、配信していますので、他のキュレーションアプリとは、記事の質や、見え方が異なります。体感としては、グノシーや、スマートニュースなどは沢山の情報が整理されて表示されますが、各記事の温度感(質)や、分量がバラバラで、雑多な印象を受けることがありました。

それぞれのアプリの記事画面と元記事画面の違い

①元記事画面にすぐにアクセスできるアプリ

Antennaと、スマートニュースは、記事画面に明確なボタンがあり、元記事画面にすぐにアクセスできます。

smartnews03 smartnews02

Antennaとスマートニュースが(たまたまなのか)同じだったのが、上の画像のように、「元記事画面」表示時に、最下部に「広告」が表示されることです。元記事のサイトの中でも「広告」を表示していますので、上の画像のように、”ダブル広告表示状態”になってしまう事が多々ありました。。。

②元記事画面にすぐにアクセスできないアプリ

グノシーです。記事画面には大きめの広告が何個も表示され、ページ最下部に「元の記事を読む」リンクがあったり、なかったりします。強調具合で言うと「広告」>「シェアボタン」>>>>>「元記事へのアクセス」といった感じでしょうか。

gunosy04 gunosy05

また、記事一覧画面でも、記事の合間に「Sponsored」と書かれた「広告」(ネイティブ広告)が相当目立つようになりました。※”記事風”の広告なんです。

gunosy06

ズバリ、グノシーは、広告も含めてコンテンツとして楽しめる人にはおすすめかもしれませんが、、、ノイズが多すぎるアプリでした。

③複数の元記事から要約して表示してくれるアプリ

LINEニュースです。下図のように複数の元記事から要約して表示してくれます。※各元記事のサイト名部分をタップすると、元記事画面にアクセスすることができます。

linenews01 linenews02

沢山のニュースを”流し見”するには、とても便利です。また記事の選定や、見出し作成や、画像選定などは人力で行っているようで、うまく要約されているものがほとんどですが、中には情報がかぶっていたり、似ている内容だけど、元記事の内容は明らかに別の事を言っていたりするものもあり、”薄い”印象を(たまにですが)受けてしまうこともありました。

ただ、記事画面では、関連カテゴリの別のニュースや、同じトピックの過去のニュースが、”縦スクロールしながら見ることができる”ので、これは、とても便利だなと感じました。

linenews03

④Yahoo!ニュースの記事画面

パソコンでYahoo!ニュースやMSNニュースを見てきた人にとっては、”普通”のニュース記事画面です。

ynews01

記事一覧の中にある「広告」も、分かりやすい表現になっています。

ynews02

どういう人が使っている?

こちらは㈱ビデオリサーチインタラクティブ:キュレーションアプリ動向について(2014年5月度) からの情報になります。

newsapp05newsapp04
AntennaグノシースマートニュースLINEニュースYahoo!ニュース
女性が6割男性が7割男性が7割男性が7割
年代は万遍なく20代が多い年代は万遍なく30代・40代中心

特徴的なのは、Antennaは女性ユーザーが多いという点、グノシーはTVCM大量投下の影響もあるのでしょうか?他アプリに比べると20代ユーザーが多いという点です。

1年後も使っていそうなアプリはどれというアンケートの結果

こちらはジャストシステム:ニュースキュレーションアプリに関するアンケート(2014年9月度) からの情報になります。対象は、Antenna、グノシー、スマートニュースの3本のみになります。

Antennaグノシースマートニュース
37.8%49.9%63.5%

スマートニュースが1位。また、”アプリのニュース記事が最も閲覧しやすいと思うもの” という質問に対しても、スマートニュースが1位でした。現時点では、この3本で比べると、スマートニュース>グノシー>Antenna というのがユーザーの評価のようです。

まとめ:おすすめの1本は?

以上のように、人気のニュースアプリを約1か月(30日)使ってみて分かった事は、

  • Antennaは、”おしゃれな情報誌”(そもそもトップニュースを読むためのサービスではない)
  • トップニュース重視派なら、圧倒的にYahoo!ニュース
  • ネタ収集や雑談力アップ派なら、LINEニュース>スマートニュース>>>>>グノシー

という事でした。ニュース(キュレーション)アプリという”くくり”で見ていましたが、各アプリによって全然サービスの内容が違うんですね。

と、ここまで書きつつなんですが、、、

実は、私が現在メインで使っているニュースサービスはこの5つの中には無いんです。。。キュレーションアプリ全般を試して、行き着いた場所は、、、

Yahoo!ニュース(スマホウェブ版)でした。(今は)

Yahoo!ニュース(スマホウェブ版)がおすすめな理由

ynews03

まず、ファーストビュー画面に、トップニュースが並びます。グノシー、スマートニュース、LINEニュース、Yahoo!ニュース(アプリ)共通である「複数ジャンルのタブ」の表現がありません。隙間時間にニュースをチェックする際、目移りしないで、記事の見出しを読むことができます。

ynews04

トップニュースが複数件表示され、その下に「おすすめの記事」が表示されます。これが”いいバランス”で、自分の興味関心のあるニュースを表示してくれるんです。※過去にチェックした記事を元にして、表示を出し分けているとの事です。サッカー関連の記事を頻繁にチェックしている私の場合、毎日万遍なくサッカー記事が一覧の中に入ってきます。偏りすぎず、離れすぎず、”いいバランス”で。

さらにピンポイントに”このテーマ”の最新記事を優先的に表示させたい場合には、「テーマ」からワード登録しておけば、新しいニュースがあった場合にすぐにチェックすることができます。※RSSフィードのような感じです。

このように、隙間時間に、トップニュースをチェックしつつ、興味関心がある情報をチェックできるYahoo!ニュース(スマホウェブ版)は非常に便利で、重宝しています。現時点で、トップ画面のレイアウトや「おすすめの記事」というコーナーも含めて、アプリとスマホウェブ版では若干異なりますので、今後お互いにいい部分を共有して、さらに使いやすいサービスになってほしいと思います。

【更新】アプリでも「テーマ」が利用できるようになりました。

ynews102

最後に、ウェブサービスについて記載してしまいましたが、是非、ニュースアプリ(サービス)を選ぶ際の参考にしていただければと思います。