twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5 arrow-right2schedulerestore

プッシュ通知オン/オフの設定変更方法|iPhone、Android

 
プッシュ通知オン/オフの設定変更方法|iPhone、Android

スマホを利用していると、プッシュ通知によく遭遇するのではないでしょうか? ロック画面や、アプリを操作中にメッセージが表示されるアレです。その多くは”メールが届いたよ”や、”新しいニュースが届きました”といった、有益な情報ですが、中には”そうでない”と感じる、迷惑プッシュ通知もあるかと思います。

今回は、初心者入門として、そんな迷惑プッシュ通知をオフにする方法をご紹介いたします。

はじめに

迷惑プッシュ通知をオフにするメリット

  • 有益な情報が埋もれてしまうのを防げます。※特にiPhoneの通知センターは情報が多くなりがちです。
  • 今今、興味がない通知に遭遇するストレスが減ります。
  • 毎回手動で削除する”もったいない時間”を撲滅できます。

※ちなみに、今後もそのアプリを利用することが無いと思えれば、アプリを削除するのが、最も簡単な方法です。

では、早速、それぞれのデバイス毎に、その方法を見ていきましょう。

目次

プッシュ通知の設定変更 iPhoneの場合

1. 「設定」を開き、「通知」をタップします。

2. 画面を下にスクロールし、通知設定をしたいアプリをタップします。

3. 一切の通知をオフにしたい場合は、「通知を許可」をオフにすればOKです。

notification-center03

4. 部分的に通知の方法を変更したい場合は、その下の項目の設定を変更します。※アプリによって、項目は異なります。

notification-center04

画面の文字だけは、直感的に分かりにくいので、ビジュアルもつけてみました。

①通知センターに表示

画面上部から下にひっぱると出てくる通知センターに表示するか、しないかを変更することができます。

notification-center05

②サウンド

文字通り、通知時に、音がでるか、でないかを変更することができます。

③Appアイコンにバッジを表示

SNSアプリや、メールアプリでよく見かける、赤い丸に数字が書いてあるアレですね。表示するか、しないかを変更することができます。

notification-center06

④ロック画面に表示

これも文字通り、ロック画面に表示するか、しないかですね。オフにすると、ロック画面にも通知されず、ロック画面からアクセスする通知センターにも表示されなくなります。

notification-center07

⑤画面下部にある3つの絵(ロックされていないときの通知のスタイル)

画面下部にある3つの絵は、ロックされていないとき(スマホを操作している時)に、通知を受け取った場合の表示方法(スタイル)になります。

  • a. なし
    • 画面には表示されません。※この通知のスタイルは、あくまでロックされていない時(スマホを操作している時)の表示方法”ですので、他の項目の設定次第では、通知センターなどに表示されることもあります。間違いやすいポイントです。
  • b. バナー
    • 画面の上部に表示され、自動的に表示が消えます。
  • c. 通知
    • 画面の上部に表示され、元の操作に戻る前に確認が要求されます。バナーと異なり、自動的に表示が消えません

通知のスタイルを、”なし”にしても、他の項目の設定次第では、通知センターなどに表示されることもありますので、「通知を許可」をオフにするか、ちゃんと「通知センターに表示」や「ロック画面に表示」もオフにすることが重要です。

寝るときだけ通知をオフにしたい場合

通知は受け取りたいけれど、寝る時に、沢山の通知(バイブレーション)が来るのは、、、という方は、おやすみモードで、簡単に通知をオフにすることができます。

1. 画面下部から上にひっぱると出てくるコントロールセンターで、おやすみモード(月のアイコン)をオンにします。

notification-center09

すると、ステータスバーに月のアイコンが表示され、ロック中は、着信や通知が(サウンドや、バイブレーションなども)オフになります。

notification-center10

機内モードも、着信や通知をオフにできますが、そもそも、インターネットから遮断されてしまいます。おやすみモードは、ネット接続はそのままで、着信や通知をオフにすることができます。

また、おやすみモードというぐらいですので、標準の時計アプリで設定していたアラームは、サウンドも、バイブレーションも動作しますので、ご安心ください。

朝起きて、コントロールセンターから、おやすみモードをオフにすれば、再び通知を受け取れますので、簡単に使えて便利な機能ですね♪

プッシュ通知の設定変更 Androidの場合

Android OS4.1以上から、設定で通知をオフにすることができます。OS4.0や2.3の人は、、、誠に残念ながら、個々のアプリを起動して、アプリ内の設定からオフにする必要があります。※だいたい「設定」というメニュー内に、通知設定のメニューがあります。

Androidの場合、端末やOS毎に、画面や操作方法が若干異なりますが、共通の方法はこちらになります。※以下でご紹介するキャプチャも、端末によっては画面や名称が異なります。

1. 「設定」をひらき、「アプリ(アプリケーション管理)」をタップします。

2. 画面を下にスクロールし、通知設定をしたいアプリをタップして、アプリ情報(アプリケーション情報)画面を開きます。

3. OS4と、5以上で、若干画面と操作が異なりますので、それぞれご紹介いたします。

OS4の場合

一切の通知をオフにしたい場合は、この画面にある「通知を表示」のチェックボックスをオフにすればOKです。

OS5以上の場合

画面のメニュー内にある「通知」をタップして、通知(アプリの通知)画面を開きます。一切の通知をオフにしたい場合は、「ブロックする」をオン(あるいは、「通知を許可」をオフ)にすればOKです。

「ブロックする」をオンにすれば、通知がオフになります

端末によって名称が変わりますが、意味は同じですね。↓

notification-center15

「通知を許可」をオフにすれば、通知がオフになります

4. また、OS5以上の場合は、「設定」にある「通知」メニューからも、簡単に通知設定の変更を行うことができます

こちらも、端末によって、多少操作方法は異なりますが、

  1. アプリ一覧が表示され、タップすると先ほどの通知画面が開くものもあれば、
  2. アプリ一覧が表示され、1個1個のオン、オフを切り替えることができる端末もあります。

通知オフにしたいと思った時に、すぐに行うためのコツ

通知が来た時に、”この通知は、今後は、受け取りたくないな”と思ったことはないでしょうか? その際は、その通知を長押しすると、(多くの端末では)先ほどのアプリ情報画面が開き、設定を変更することができます。

notification-center17

端末(OS5以上)によっては、画面移動せず、設定を変更することができるものもあります。

また、アプリ切り替え画面で、左上のアイコン部分を長押ししても、(多くの端末では)同様にアプリ情報画面が開き、設定を変更することもできます。※長押し後、アプリ情報を示すアイコンが表示され、それをタップするとアプリ情報画面が開く端末もあります。

寝るときだけ通知をオフにしたい場合

通知は受け取りたいけれど、寝る時に、沢山の通知(バイブレーション)が来るのは、、、という方は、通知を一時的にオフにすることができます。※こちらも端末(OS5以上)によって、画面や操作が異なります。

1. 画面上部から下にひっぱると出てくるクイック設定パネルで、「通知を非表示」や「通知をミュート」アイコンがある場合は、それをオンにします。

OSや端末によって、若干機能が異なりますが、着信や通知時の音とバイブレーションをオフにすることができます

機内モードも、着信や通知時の音をオフにできますが、そもそも、インターネットから遮断されてしまいます。通知を非表示は、ネット接続はそのままで、着信や通知時の音をオフにすることができます。

また、「アラーム」は例外として動作するように設定できるものがほとんどですので、ご安心ください。※利用する際は、お使いの端末でできる設定をよくご確認ください。

朝起きて、クリック設定パネルから、通知を非表示をオフにすれば、再び通知を受け取れますので、簡単に使えて便利な機能ですね♪

まとめ

気が付くと増えている「プッシュ通知」なので、スマホを快適に、ストレスなく利用するために、通知設定を適宜チェックしてみてはいかがでしょうか。

特にAndroidの場合は、iOSと違って、アプリ毎にプッシュ通知の有無を確認するダイアログを表示しなければならない、というルールは、現時点ではありません。iOSと同様に、初回起動時にダイアログを表示するアプリもありますが、そういった有無の確認なしに、1回目のプッシュ通知が送られてきて、はじめて気が付く、ということも多いのではないでしょうか。

ちなみに多くのアプリが「プッシュ通知」を実施している理由の一つとしては、ユーザの目に触れる機会が多く、またそこからの反応もいいということで、有益なマーケティングツールになっている、ということがあるようです。

参考にしていただければと思います。