twitterfacebook hatena line mail google rssangle-up logo-icon5 arrow-right2schedulerestore

自撮りアプリ SNOW(スノー)の使い方 – 3分で分かるはじめてガイド

 
自撮りアプリ SNOW(スノー)の使い方 – 3分で分かるはじめてガイド

犬やうさぎの耳がついた自撮り写真でお馴染みの、大人気自撮りカメラアプリ「SNOW(スノー)」をそろそろ始めてみたいけれど…覚えるのが大変そう、と思っているあなたに、なるべく分かりやすくSNOWの使い方をご紹介いたします。

SNOW(スノー)とは?

SNOWとは、犬やうさぎの耳などの、面白いエフェクトをつけた自撮り写真(動画)を撮影できたり、撮影した写真(動画)を、すぐに友達に送って、共有し合うことができるサービスです。アメリカの10代に人気のSnapchatの要素(※非常に似ていますので、こちらの記事も参考にしてみてください)を取り入れつつ、700種類以上の顔認識スタンプや、30種類以上のフィルターが無料で利用でき、自撮り写真を、よりかわいく、面白くアレンジできる(盛れる)のが特徴です。

引用元 PRTIMES 動画コミュニケーションアプリ「SNOW」、世界2200万ダウンロード突破!

使い方 – 6つのステップ

SNOWのはじめ方・使い方を次の6つのステップでご紹介いたします。

  1. インストールして登録する
  2. アプリの各画面の機能を知る
  3. カメラで撮影してみる
  4. どんな顔認識スタンプがあるのかを知る
  5. トークの使い方を知る
  6. ストーリーの使い方を知る

順番通りに進めば、基本的な使い方はOKです。

1. インストールして、登録する

まずは、アプリをインストールしましょう。iPhone、Android両方に対応しています。※以下は、iPhoneアプリのキャプチャですが、Androidも基本操作は同じです。

1. アプリ起動後、「LINEでログイン」もしくは、「他の方法で登録する」をタップし、「Facebookでログイン」「メールで登録」を選択します。いずれの方法でも、画面の指示に従って進めば、簡単に登録することができます。

2. LINEのIDと同じように、SNOWで友達を追加する時に利用するIDを設定しましょう。

3. 連絡先から、SNOWを利用している友達を探すには、電話番号の認証が必要になります。(画面右上から)スキップすることもできます。また、LINEと同じように、SNOWを利用している友達を探すこともできます。もちろん、こちらもスキップすることができます。

how-to-use-snow07

4. 最後に、カメラへのアクセス許可や、プッシュ通知などの設定を行えば、準備完了です。その後、はじめの紹介動画や、簡単な操作方法の説明(チュートリアル)があり、自撮りモードの画面(自分の顔)が表示されるかと思います。この画面が、SNOWのホーム画面(アプリ起動時の画面)になります♪

how-to-use-snow08

早速、各画面の構成や、主な機能をチェックしてきましょう。

2. アプリの各画面の機能を知る

ホーム画面から、右にスワイプするか、右下のアイコンをタップで、「トーク」画面へ、左にスワイプするか、左下のアイコンをタップで、「ストーリー」画面へ、移動することができます。

各画面の機能を簡単にご紹介いたします。

①ホーム(カメラ)…カメラモードの画面で、写真や動画を撮影して、顔認識スタンプフィルターなど、かわいい、面白いエフェクトをつけて、友達に送ったり、SNSにアップしたりすることができます。※後ほど、ご紹介いたします。

②トーク…LINEのトーク画面と同じような画面で、友達とチャットを楽しむことができます。※後ほど、ご紹介いたします。また、アカウントの設定を行うことができます。

③ストーリー…Instagramのように、友達に対して公開することができる複数の写真や動画をまとめたものストーリーです。自分のマイストーリーを管理したり、友達のアップデートをチェックすることができます。また、友達の追加や管理も行うことができます。※後ほど、ご紹介いたします。

SNOWの画面構成を抑えたら、早速カメラで撮影してみましょう。

3. カメラで撮影してみる

まずは自分に送って、練習してみましょう。

1. ホーム(カメラ)画面に移動します。※右上の「反転アイコン」から、カメラモードを切り替えることができます。

2. 画面下の丸いボタンをタップで、写真を撮影長押しすれば動画を撮影することができます。

この撮影する時に、様々な顔認識スタンプや、フィルターを使って、かわいい・面白いエフェクトつきの(自撮り)写真や動画にすることができるのが、SNOWの特徴です。

3. 顔のアイコンをタップして、LINEスタンプを選ぶのと同じように、好きな顔認識スタンプを選んでみましょう。

例えば、こんな、かわいぃ…?

引用元 PRTIMES 動画コミュニケーションアプリ「SNOW」、世界2200万ダウンロード突破!

エフェクトつきの写真や動画を撮影することができます。

また、友達同士で顔を交換なども、下の顔認識スタンプで、簡単にできちゃいます。

how-to-use-snow20端末にあるアルバムの写真から顔だけを抽出し、その顔と交換できるエフェクトです。
how-to-use-snow19フェイススワップは、有名人の写真によく出てくる、”顔を交換してみた”のエフェクトです。
how-to-use-snow17フェイスコピーは、全員同じ顔になるエフェクトです。
はじめは、「MY」アイコンにあるスタンプや、「HOT」アイコンにあるスタンプで、いくつか試してみるといいでしょう。

4. 右端のアイコンをタップすれば、Instagramのようにフィルターをかけることができたり、GIFモードや、小顔モードといった、モード切替を行うことができます。※真ん中のアイコンをタップすれば、端末のアルバムの写真(動画)を選択することができます。

how-to-use-snow21

GIFモードとは、よくSNS上でアップされているパラパラ漫画のようなループする動画のことです。小顔モードとは、ネーミングが素敵なのですが、単にカメラ画面が縮小されるモードのようです。

5. 早速、撮影してみましょう。撮影した写真や動画には、さらに面白いフィルターや、様々なエフェクトをつけることができます。

フィルター左右にスワイプすると、時刻や、位置情報と連動したいくつかのフィルターをつけることができます。

how-to-use-snow22

位置情報と連動したフィルターを有効にするには、端末の設定で、このアプリの位置情報の利用を許可する必要があります。

タイマー、スタンプ、文字入れ、落書き画面右上のアイコンから、タイマー設定や、スタンプ、文字入れ、落書きをすることができます。タイマーは、写真(動画)を友達に送った時に、1回の表示で友達が見ることができる秒数(1秒~10秒+無期限)を設定するものです。※Snapchatとは違い、24時間以内なら、何回でも繰り返し写真(動画)を見ることができます。スタンプや、文字入れは、入力した後にドラッグして、好きな位置に移動することができます。

6. 編集が終わったら、最後に、写真や動画を、①友達に送るか、②端末のアルバムに保存するか、③マイストーリーに追加するか、を選びます。

how-to-use-snow25

②は、文字通り、端末に保存します。後からLINEで共有したり、SNSに投稿したりといった使い方もできます。③マイストーリーについては、後ほど、ご紹介いたします。

①友達に送る 場合は、画面下の「送信アイコン」をタップして、送信先を選んで(練習のために、自分を選んで)、右下の「送信アイコン」をタップすれば、送信が完了です。

how-to-use-snow26

「友達に送る」画面に表示されているSNSアイコンをタップすれば、直接SNSに投稿することができます。また、この画面からでも、マイストーリーへの追加が可能です。

7. トーク画面に移動し、自分の名前をタップしてみましょう。すると、先ほどの写真(動画)が表示され、画面右上に数字が表示されます。これが、先ほどタイマー設定した閲覧できる残り秒数です。0秒になると消えてしまいます。※ただし、Snapchatとは違い、24時間以内なら、何回でも繰り返し見ることができます。

これで、カメラでの撮影から、友達に送るまでは、だいたい分かったのではないでしょうか。次は、SNOWの特徴でもある、種類が豊富なスタンプについて、ポイントをご紹介いたします。

4. どんな顔認識スタンプがあるのかを知る

SNOWでは、700種類以上の顔認識スタンプや、30種類以上のフィルターが無料で利用することができますが、どんな顔認識スタンプがあって、みんなどのように使っているのでしょうか? 1個1個自分で試したり、友達から教えてもらってもいいですが、お手軽な方法としては、SNSにアップされているSNOWの写真や動画をチェックする方法があります。

以前、「Twitter検索:写真、画像付きツイートのみを検索するオススメの方法」の記事でもご紹介したように、Twitterで、#SNOWタグ付きの写真や動画を探すには、検索窓に下の文字列を入力すると、検索することができます。

検索してみると、、、

沢山の”先輩ユーザー”の写真や動画が表示されますね。

how-to-use-snow28

その他、InstagramのSNOW公式アカウント(snow_japan)でも、有名人の写真や動画をチェックすることができますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

InstagramのSNOW公式アカウント: snow_japan

アプリで開く ウェブで開く

how-to-use-snow29

5. トークの使い方を知る

続いて、トークの使い方をご紹介いたします。基本的にはLINEのトークと同じように友達とチャットを楽しむことができますが、SNOWならではのユニークな機能がありますので、簡単にご紹介いたします。

1. チャットをはじめるには、先ほどご紹介したように、写真(動画)を友達に送信したり、トーク画面から友達を選択(追加)します。

how-to-use-snow31

2. ユニークな機能の1つとしては、友達に送ったり、友達から送られてきた写真や動画は、24時間で自動で消えてしまうので、その後は見ることができません。※もし、残しておきたい写真や動画があった場合には、写真(動画)を開いて、ダウンロードアイコンをタップすれば、消える前に保存しておくことも可能です。

3. また、画面右下のアイコンを長押しすると、自撮りカメラでGIF動画を撮影することができ、自分の表情(リアクション)を、LINEスタンプのようにトーク画面に貼り付けることができます。面白いですね♪

how-to-use-snow33

6. ストーリーの使い方を知る

最後に、ストーリーの使い方を抑えておきましょう。Instagramのように、友達に対して公開することができる、複数の写真や動画をまとめたものストーリーです。ストーリー画面では、自分のマイストーリーを管理したり、友達のストーリー(近況)をチェックすることができます。

1. 「3. カメラで撮影してみる」でご紹介したように、写真(動画)を撮影後、あるいは、端末のアルバムにある写真(動画)を選んで、①直接マイストーリーに追加していくこともできますし、②「送信アイコン」をタップした後の「友達に送る」画面からでも追加ができます。

how-to-use-snow34

2. マイストーリーは、複数の写真や動画をまとめられ、タップして次の写真(動画)を見ることができます

引用元 SNOWアプリ「SNOWについて」>「マイストーリーへアップする」

3. また、マイストーリーの設定アイコンをタップするか、アカウントの設定から、ストーリーの公開範囲を設定することができます。特定の友達のみ、自分のみなど、公開範囲の変更が可能です。

4. 自分が更新(あるいは、友達が更新)すると、最近のアップデートとして表示され、今の状況を共有できたり、友達の近況をチェックすることができます。

この他にも、ストーリー画面では、友達の管理や追加など、細かい設定も行うことができますので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか? SNOWをそろそろ始めてみたいけれど…覚えるのが大変そう、と思っているあなたに、SNOWのはじめ方・使い方をご紹介いたしました。

ちなみにSNOWは、LINEの親会社と同じ韓国のNAVER社の子会社が運営しており、韓国や台湾などでも人気とのことです。冒頭でご紹介したとおり、アメリカの10代に爆発的人気があるSnapchatの要素を取り入れつつ、アジア圏のユーザーに人気が高い、写真をデコレーションできるスタンプや、フィルターなどが特に充実しているのが、人気の理由の1つではないでしょうか。

是非、これからSNOWを使ってみたいと思っている方は、参考にしていただければと思います。

”よく似ている”アプリ「Snapchat」のはじめてガイドはこちら